ERPの導入 (キーコードについて)




■ERPを導入する場合、最初に考えること。

それはERPシステムのキーコードの構成と繋がりです。

ERP(Enterprize Resource Plannning:通称イーアールピー)というシステムが、いろいろな企業で導入されています。

ERPとは、日本語では「業務統合パッケージ」と呼ばれています。
企業に必要ないろいろな機能、会計、販売、出荷、資材購買、生産管理などが統合されたシステムです。

皆さんが、ERPパッケージの導入を検討する場合、何を最初に調べますか?
  • どんな機能があるか?
  • 値段は?
  • サポート体制は?
  • 帳票類は?

などですか。

皆さんが、最初に調べないといけないこと、
それは、キーコードの構成、繋がりです。

例をあげて説明します。

皆さんの会社が、海外工場と日本の工場を持っていたとします。
販売も海外と日本でおこなっていたとします。

このときの必要なキーコードは、何でしょうか?

工場のコードですね。

販売を海外と日本で行う場合は、何でしょうか?

注文を国別に区分するコードが必要です。
ドル、円、ユーロなどの為替の取り扱いや為替レートの変換が必要です。

これらのキーコードの体系とそのキーコードの繋がりは、ERPの業者に提出してもらう必要があります。
それらのコード体系が、皆さんの会社の業務に適用出来るか検討する必要があります。

これが十分出来ていないと、導入はしたが、こんなはずではなかったということになります。

よく検討しましょう。






[↑一番上へ]
[生産管理システム活用法(ホームへ)]
11:192202

生産管理とは

生産管理の知識

在庫、生産管理情報(メルマガより)

システム開発

会社案内

その他