部品の在庫の適正量は?(在庫管理)




■今回は、在庫管理について、お客様から相談された内容についてお話したいと思います。

部品の在庫はいくつ持てば良いのか?
いくつが適正なのか?

という質問でした。

以下のようなケースです。(分かりやすい例にしています。)

  • ある製品を生産するために部品Aを注文しないといけません。
  • 製品の生産計画は、毎月30個です。
    毎日1個生産します。
  • 調達計画は、月に1回立て部品の在庫/注文済みを差し引いて業者に部品を注文します。
  • 部品は、注文すると納品までに1ヶ月かかります。(リードタイム)

部品の適正在庫はいくつ必要でしょうか?

  • 在庫は、ゼロですか?
  • 在庫は、1個ですか?
  • 在庫は、30個ですか?

まず制約条件を考える必要があります。

  • 部品の納品の形態です。
    1個づつでも可能ですか?
  • 納品の回数はどのくらいですか?
  • 生産計画のばらつきはありますか?


■(1)ケース1

条件

  • 1個づつの納品が可能。
  • 納品は毎日
  • 生産計画のばらつき無し

こんなケースは殆どありませんが、生産計画のばらつきがありませんし、毎日の生産が1個ですので
在庫は、1つでも問題ないですね。
在庫を多く持つ必要はありません。

■(2)ケース2

条件

  • 10個づつの納品しかできない
  • 納品は1ヶ月に2回
  • 生産計画のばらつきあり

・10個づつの納品ですから在庫の最大は10個になります。

・納品は1ヶ月に2回ですから、生産するためには、在庫は15個必要ですね。
 でも、1回の納品の数量が10個ですので最大在庫は20個に なります。

・生産計画のばらつきを考える必要があります。
 部品のリードタイムが1ヶ月なので生産計画が1ヶ月先まで変更があるかどうかですね。

 変更が無ければ、注文は1ヶ月先まで行うことができます。
 納品の制約条件で在庫が決まります。
 最大在庫は、20個になります。
 
 変更があれば、変更分の在庫を持つ必要があります。
 最大在庫は、20個プラス変更分になります。


では、在庫を下げるにはどうすれば良いのでしょうか。
一般的には以下のようなことです。

  • 納品の数量を小さくする。
    梱包などのコストを考えて納品の数量を小さくする。

  • 納品の回数を増やす
    運送コストを考えて納品の回数を増やす

  • 生産計画のばらつきを取り込む
    生産計画/調達計画の作成するサイクルを短くする。

    例えば、
    月に1回、生産計画/調達計画を立てる場合は、1ヶ月のばらつきの在庫を余分に持たないといけません。  

    週に1回、生産計画/調達計画を立てる場合は、1週間のばらつきの在庫を余分に持つ必要があります。

    部品点数が多い場合はMRPなどの機能をもったシステムを導入する必要があります。

  • 業者のリードタイム(注文から納品まで)を短くする。


現在、大手の電子機器メーカー(親会社)は部品メーカーに対して以下のようにおこなっています。

  • 注文を半年先まで部品メーカーに連絡します。
    これは、見込み注文です。
  • 確定注文は、1週間です。
  • 注文は、毎日更新されます。これを部品メーカーへ連絡します。
  • 当日の注文のみ、親会社に納品します。 
    (実際は、2時間おきです。)






[↑一番上へ]
[生産管理システム活用法(ホームへ)]
11:192202

生産管理とは

生産管理の知識

在庫、生産管理情報(メルマガより)

システム開発

会社案内

その他