在庫管理とバーコード




■皆さんの会社では、在庫の入力はどのようにおこなっていますか?

在庫の入力は大変ですか?

製品・部品・原材料名を入力し、入庫数、出庫数、在庫数などを入力していますか?
また、ロット番号がある場合は、ロット番号も入力していますか?

バーコードを利用したいと言われるお客様は多いですね。

工程などでは、製品・部品・原材料名とロット番号は、変わりませんので、バーコードを使用したいようです。

■バーコードとは、製品に表示されている縦じまのコードです。
市販されている商品には、殆ど表示されています。

■バーコードには、いくつか種類があります。

  1. JANコード
  2. EAN(ヨーロッパ)/UPC(アメリカ)コード
  3. ITF
  4. CODE39
  5. NW-7
  6. CODE128

などです。

主なものは、

(1)JANコードです。

日本で販売されている商品には殆ど表示されています。
もし、皆さんの会社で既に商品にこのバーコードがある場合は、これを利用して在庫管理をおこなうのが良いと思います。

社内用に別にバーコードが必要な場合、
社内での製品・部品名・原材料名やロット番号などですね。
この場合は、CODE39やCODE128を使う必要があります。

CODE128は、全部のアスキーコードの文字が全部使えますが、数字、アルファベットであれば、CODE39で十分だと思います。


■バーコードを読むためには

バーコードを読むためには、「バーコードスキャナ」が必要です。
「バーコードリーダー」とも呼びます。

コンビニなどで商品のバーコードに当てて「ピーピー」と音をたてている機械です。

この機械は、ピンからキリまでありますが、最近は非常に安くなっています。
2万円台からあります。
パソコンのUSB端子に簡単に接続することができます。

安いのは読むスピードが遅いですが、コンビニでおこなうスピードであれば、2万円でも大丈夫です。

■これだけでは、ダメです。

そうです。

バーコードを読んだあと、商品名などを書き込むプログラムが必要です。

安くおこなう場合は、マイクロソフトのエクセルでもできます。
「ピー」とバーコードに当てると、商品名の番号が入力されます。
読んで、表示するだけでは、エクセルで可能です。

商品名や価格を表示したりするには、プログラムが必要です。

本格的に、バーコードを読んで在庫入力する場合は、
対応したプログラムが必要になります。

■これでおわりですか?

もうひとつ重要なことがあるのです。

皆さんが、社内用に特別な製品・部品・原材料名やロット番号を使用する場合、縦じまのバーコードを作る必要があります。

作る方法はいくつかあります。

  1. バーコードを作成できる市販のプログラムを購入する。
  2. マイクロソフトのアクセスでバーコードを作成する。

などです。

もし、皆さんの会社でアクセスのできる方がいましたら(2)をお勧めします。

既に、ロット管理を行っている場合、帳票(トラベラー)作成していると思います。
その中に、アクセスで作ったバーコードを印刷すれば現在の帳票を使うことができます。

■アクセスでのバーコードの作り方
グーグルで「アクセス バーコード」で検索するとたくさん表示されます。
そちらを参照してください。

部品・原材料の在庫管理や、製品の工程での在庫管理にバーコードが使用できれば作業はかなり楽になると思います。






[↑一番上へ]
[生産管理システム活用法(ホームへ)]
11:192202

生産管理とは

生産管理の知識

在庫、生産管理情報(メルマガより)

システム開発

会社案内

その他