原材料、部品の在庫を減らす(在庫削減)




原材料、部品の在庫を減らす(在庫削減)

■今回から、いくつか例をあげて、どのように在庫をへらすか説明したいと思います。

工場の在庫を減らす場合、制約条件が非常にたくさんありますので、まず最初にいくつか条件を、決めたいと思います。

  1. 製品の種類は少ない。
  2. その製品は、いろいろなお客様へ販売している。(汎用品)
  3. 製品の製造サイクルタイムは、1日
  4. 注文を受け取ってから納期までのリードタイムは、2日
  5. 生産能力の問題は、今はない。
  6. 製品の原材料、部品数が多い。
  7. 原材料、部品のリードタイム(注文して納品までの期間)は7日
  8. 1週間先(7日)まで注文がはいっている。その先はなし。

です。

■この場合の、在庫の問題は、なんでしょうか?

製品については、受注生産ができますね。
注文を受け取ってから製造しても間に合います。
理論的には。在庫は1日分の在庫(仕掛品)だけで対応できますね。

緊急品(例えば当日受注して当日出荷などです)がある場合は、その在庫を余分に持つ必要がありますが。

■問題は、原材料や部品の調達です。

調達のリードタイムが7日です。
製造のサイクルタイムが、1日ですので、7+1=8日前には、原材料や部品は発注する必要があります。

でも、注文は7日先までしかありませんので、注文では発注できません。

■どうしましょうか?

これは、原材料や部品は、見込みで発注計画を連絡しておくことです。
業者は、この情報で原材料や部品を準備をしておきます。

製品の確定注文が入った時点で原材料、部品の正式な発注をおこないます。
そして製造するときに原材料や部品を納品して貰うようにします。

大手の企業が関連会社に対して行っている方法です。

ここで、大切なのは、正しい生産計画を立てることと発注に必要な原材料、部品の数量を正しく計算する
ことです。
この計画は、月別の計画では、ダメですね。
注文が、7日先までしか無い場合は、週に2回以上は調達計画を立てる必要があります。

これをきちんとしないと、いらない原材料、部品の在庫が多くなり必要な在庫が無いケースが発生します。

■あなたの会社や工場でも考えてください。





[↑一番上へ]
[生産管理システム活用法(ホームへ)]
11:192202

生産管理とは

生産管理の知識

在庫、生産管理情報(メルマガより)

システム開発

会社案内

その他