在庫回転率とサイクルタイム




今回は在庫回転率のお話とサイクルタイムについてです。

密接に関係があります。

■あなたの会社では、在庫が多いとか少ないとかの判断はどのようにしていますか?

在庫の数量ですか?

■では、問題です。

以下のようなケースがあります。

A製品の現在の在庫は、100個です。
B製品は現在の在庫は、1000個です。

A製品の、売値は、1000円です。製造原価は、500円です。
B製品は、売値は、100円です。製造原価は、10円です。

A製品は、毎月100個売れます。
B製品は、毎月500個売れます。

■どちらの在庫を管理すればよいでしょうか?

■まず棚卸資産を見てみましょう。
 A製品は
  500円(製造原価) X 100個=50,000円
 です。

 B製品は
  10円 X 1000個=10,000円
 です。
  
 この資産はまだ、売れていませんが経費がかかっています。
 資金が必要になります。
 A製品の資産が大きいですね。A製品が問題でしょうか?

■次に毎月の売上げは、どうでしょうか?
 A製品は
  1000円 X 100個=100,000円
 です。

 B製品は
  100円 X 500個=50,000円
 です。
 
 売上げをみてみるとA製品が大きいですね。

■どっちの在庫が悪いのかわかりませんね。
 これを管理する指標の1つが「在庫回転率」です。

 計算式は
  売上高(金額:1年間)÷ 在庫金額

 です。 

 在庫の活性度を示します。
 つまり在庫が1年間で何回入れ替わるかです。
 多いほうがよいです。
 例えば12回ですとその製品の在庫は毎月売上げ
 になっていきます。

■では計算してみましょう。
 A製品は、
  100,000円X12 ÷ 50,000=24回

 B製品は、
  50,000X12 ÷ 10,000=60回
 
在庫回転率は、A製品の方が悪くなります。
対策は、A製品に対しておこなう必要があります。

A製品の売り上げが大きいと言って、たくさん在庫を抱えると、資金繰りに行き詰ってしまいます。

業界別に一般的な在庫回転率のデータがありますのでおなたの会社の目安にしてください。

■対策を打つときは、必ず数量の在庫回転率を把握してください。
 注文の状況、在庫の持ち方などを調査する必要があります。

■補足です。
在庫回転率の逆数がサイクルタイム(年)になります。
このときの在庫回転率は、数量の在庫回転率を使用します。

 例えば、A製品は、
 100個 X12 ÷ 100=12回
 になります。

 1年で在庫が12回、回転しますからサイクルタイムは1ヶ月になります。
 1ヶ月分の在庫です。

在庫管理では、在庫回転率は絶対に必要な指標です。

資金繰りや、資産の金利負担、不良在庫などの管理ができます。

管理しましょう。






[↑一番上へ]
[生産管理システム活用法(ホームへ)]
11:192202

生産管理とは

生産管理の知識

在庫、生産管理情報(メルマガより)

システム開発

会社案内

その他