会計と在庫について




会計と在庫について(利益と資金)

■あなたの会社では、今何が一番困っていますか?

  • 売上げが少ない?
  • 利益が少ない?
  • 資金繰りが大変?
ですか?

それとも、全部ですか?

経営者や管理者の方とお話をすると、在庫管理や生産管理の前に、何故在庫管理や生産管理が、必要なのかという所がわかっていない方が結構、多いですね。

1例をあげます。

例えば、工場で製品の在庫があります。

製品の在庫金額(棚卸資産)が、600万円あったとしますね。
毎月の売上げが500万円のとき、これは問題ですか?

生産のサイクルタイムが1週間のときは、大問題ですね。

理論的には、生産のサイクルタイムが1週間ですので、
製品在庫は500万円/4週間(1ヶ月)=150万円
で十分です。

そうするとどうなると思います。

まず、

利益が、450万円(600万円ー150万円)増えます。
棚卸資産が利益に変わります。

次に、製品在庫を管理する諸費用が減ります。
大体、一般的に15%から25%くらいですね。

次に減少する在庫金額の原材料を購入する資金(600万円ー150万円)が必要ではなくなりますね。
当然、部品の在庫も減少します。

■つまり、生産や在庫を管理することにより、利益や資金繰りなどが450万円以上も改善するのです。

特に資金繰りが重要です。

利益が赤字でも倒産しませんが資金繰りで行き詰ったらすぐに倒産するのです。

もうひとつメリットがあるのです。

1週間で生産することができれば、競合他社に勝つことができることです。
他社が1ヶ月で製造出荷しているのであれば、自社が1週間で製造出荷できれば、注文をとることができるかもしれません。
売上が上がる可能があります。

在庫管理は重要です。






[↑一番上へ]
[生産管理システム活用法(ホームへ)]
11:192202

生産管理とは

生産管理の知識

在庫、生産管理情報(メルマガより)

システム開発

会社案内

その他